グラブル攻略指南所

グラブル(グランブルーファンタジー)の実際のプレイに基づいた攻略法や役立つ情報を紹介しています。初心者向けの記事にも力を入れています。

【グラブル】水マグナオメガ杖パ編成を解説!必要武器や実際のダメージ

水マグナの杖得意オメガ杖編成の必要な武器、2つの編成例、実際のダメージなどを解説。

運用の動画も掲載しています。

※終末武器は4凸の状態のものを編成しています。

オメガ杖編成に必要な武器と本数

テュロスワンド(エウロペ杖)

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616075306p:plain

SLv15時、

  • 【海神方陣・杖術】杖得意の水キャラのみ方陣攻刃18%
  • 【イクシード・ウォータ】水キャラの奥義ダメージ上限15%UP

という2つのスキルを持ちます。

方陣攻刃18%というのは4凸リヴァ短剣と同じ効果量。

杖得意キャラは得意武器補正で攻撃力が多く加算されるため、杖得意キャラで固めた編成の場合は4凸リヴァ短剣の上位互換となります。

また、スキル2【イクシード・ウォータ】は方陣スキルではないのでリヴァマグの加護が乗りません。

1本につき奥義上限は15%UPし、合計で30%まで上限UP効果が適用されます。

よってエウロペ杖の編成本数は基本的に2本となります。

このエウロペ杖を編成できるのが水マグナの剣豪など他の編成やヴァルナ編成との大きな違いで、明確なメリットでもあります。

テュロスビネット(エウロペ琴)

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616080753p:plain

SLv15時、

  • 【海神方陣・攻刃】水キャラの方陣攻刃14.5%UP
  • 【海神方陣・必殺】水キャラの奥義ダメージ9.5%/奥義上限9.5%UP

方陣必殺の奥義上限は合計で30%まで効果が適用されます。

片面4凸リヴァマグで1本につき20.9%上限が上昇するので、2本で最大の30%に達します。

一方奥義ダメージUPは合計で約100%UPが上限なので、5本まで編成する効果があります。

ただし、剣豪編成ほど奥義の頻度が高くない杖パにおいては、奥義ダメージUPのみを目当てに多くのエウロペ琴を編成するメリットは薄いです。

よってエウロペ琴の編成本数は、奥義上限UPの最大効果量30%に達する2本とするのが基本で、編成によっては3本編成します。

方陣必殺とイクシード・ウォータは共存する

エウロペ琴の方陣必殺と、エウロペ杖のイクシード・ウォータの上限UPは共存します。

  • 方陣必殺=30%UP
  • イクシード・ウォータ=30%UP

で合計60%の奥義上限UP効果を得ることができます。

これはエウロペ杖を編成できる水マグナ杖パ特有の強みです。

コスモスPC杖

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616082300p:plain

  • 装備中の杖の攻撃力とHPが上昇
  • 特殊タイプのキャラの弱体成功率と弱体耐性上昇

主人公黒猫道士でミゼラブルミストなどの弱体アビリティを使う場合必須となります。

主人公のジョブを黒猫道士(特殊タイプ)とする場合、このコスモスPC武器による特殊タイプの弱体成功率UPがないとミゼラブルミストなどの命中率が100%を下回るため、安定してソロ周回を行うことができず非常に不完全な編成となります。

水マグナ杖パでは、10個中7~8本杖を編成するためコスモスPC武器種は杖にするのが最も強力です。

なお、主人公のジョブをウォーロックにする場合はコスモスPC武器は不要です。

 

オメガ杖

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616083728p:plain

オメガ杖のスキルによる連撃UP(DA&TA率20%)がないとパーティ全体の連撃が不安定になりがちなので、ぜひ編成したいです。

水マグナ杖パにおいてオメガ杖をメインで持つ恩恵はそれほど大きくないので、属性は水以外で基本的に問題ありません。(水でも良いです。)

オメガ武器の第二スキルの奥義上限UP(15%)は、方陣必殺ともイクシード・ウォータとも共存するのでさらに奥義上限をUPさせることができます。

※杖キャラの連撃UPは無垢武器でも同じ効果を持っており十分有用なので、仮にオメガに強化できなくとも無垢武器でいいので編成した方が良いです。

虚空杖

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616084459p:plain

アーカーシャ武器の一つ「虚空の拝腕」。

  • 杖、楽器得意キャラのEX攻刃20%UP、バトル開始から10ターンEX攻刃10%UP
  • 杖、楽器得意キャラが自分に付与されている強化効果数に応じて与ダメージ上昇

バトル開始から10ターンはEX攻刃30%UPと、ゼノコキュ武器を大きく上回ります。

また、水マグナ杖パは自然と強化効果がいくつも付与されるので

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616085112p:plain

第二スキルの恩恵も受けやすく貴重なダメージ上限突破手段となります。

奥義効果も強力、メイン武器候補

虚空杖の奥義効果は、奥義ターンを含めて4ターンの間味方全体に

  • 水属性攻撃20%UP
  • 参戦者の数に応じて攻防UP(攻撃UPは別枠でソロ時5%)

と火力UPとして強力な奥義効果を持っています。

よって、虚空杖はメイン武器の有力候補の1つとなってきます。

永遠拒絶の杖(終末武器)

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616085833p:plain

4凸のスキル「海神方陣・神威Ⅲ」は攻撃とHPを上昇させる効果で、特にHPUPは水マグナ編成においては貴重で編成する恩恵は大きいです。

攻刃は18%とリヴァ短剣やエウロペ杖と同じ。

第二スキルではオメガ武器と同じように任意のダメージ上限をUPさせることが可能。(オメガと同じ効果を付けた場合には片方しか適用されないので、オメガ杖の第二スキルと被らせないように注意しましょう。)

選択したスキルによっては奥義効果も中々強力なので、メイン武器としても候補となります。

5凸すると第三スキルとして非常に強力な火力UPスキルをつけることが可能となりメイン武器としてもさらに有用となりますが、強化のハードルは高め。

4凸状態でも恩恵は大きいのでぜひ作成しておきたいです。

ルナティックブルーム(黒猫英雄武器)

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616090829p:plain

黒猫道士の英雄武器。

黒猫の1アビ「ブラックチャーム」を維持する立ち回りをする場合には必須。

第二スキルのエンブレムはどれも今一つの性能なので、どれをつけても大差ありませんが、味方の回復や強化アビリティを適宜使用するのを想定するなら「天聖」がおすすめ。

ブラックチャームについて詳しくは後述の黒猫編成で解説します。

バハ杖

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616092202p:plain

杖キャラなら得意武器補正でバハ銃以外よりは攻撃力が高くなります。

もちろんエルーンとハーヴィンと星晶獣と不明以外の種族を編成する場合には、バハ杖でなく適したバハ武器にします。

ゼノコキュ杖

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616093948p:plain

杖パにおいてはゼノコキュ琴よりも攻撃力が高くなります。

虚空杖と合わせて2本EX武器を編成する場合の候補。

カーオン杖

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927164743p:plain

新実装された武器。

あれば1本入ります。(編成する場合、3本目のエウロペ琴かゼノコキュ杖を抜く。)

カーオン杖について詳しくはこちら↓で解説&検証しています。

www.grbrkouryakusinann.com

 

編成例と実際のダメージ(動画あり)

複数の編成例と、それぞれの編成における実際のダメージを紹介。

動画も掲載しています。

  • 古戦場HELLを想定し水船あり/水炉なし
  • ザ・ムーンはSR3凸

以上の条件でのダメージとなります。

ウォーロック編成

装備編成例

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616100135p:plain

  • 虚空杖
  • エウロペ杖2本
  • エウロペ琴3本
  • 永遠拒絶の杖
  • オメガ杖(連撃/奥義上限)
  • バハ杖
  • 天司武器

メイン武器は永遠拒絶の杖も有力です。

(奥義ダメージが楽に上限に届く場合は、エウロペ琴を2本にして空いた枠にゼノコキュ杖を入れます。)

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616100343p:plain

片面リヴァマグ×カツウォ。

リヴァマグ×エウロペでも良いですが、鰹にすると初速を大きく稼ぐことができます。

特に必須の召喚石はありません。

キャラ編成例

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616100603p:plain

主人公ウォーロックにリリィ、エウロペ、フォリア。

主人公のブラックヘイズ+リリィ2アビ+2ターン目のリヴァマグ召喚で敵の防御を下限まで下げることができます。(※リリィは指輪での弱体成功率UPがないとたまに外します。)

リヴァマグの召喚効果の防御ダウンを組み込めるのはマグナ編成の強みです。

ブラックヘイズの命中率は100%を超えているので安心。

リリィの奥義での全体属性攻撃バフを強化できるエウロペ、エウロペの2アビバフを奥義バリアで守れるフォリアと互いに相性が良いです。

ダメージ軽減と弱体回復手段も充実しており、大きな弱点は見当たりません。

他の杖得意キャラとしては

  • スロウや攻撃ダウンを持つマキュラ・マリウス
  • 攻防ダウンと奥義やアビでの火力バフを持つアルタイル

など強力なキャラは何人かいます。

実際のダメージ


【グラブル】水マグナオメガ杖パ・ウォーロック編成のダメージ紹介

※上記の編成のダメージの前に、エウロペなし&フォリアバフなしでのダメージも動画内で紹介しています。

  • 主人公の奥義上限:約410万(フォリアバフ時450万)
  • 主人公の通常上限:約65万(フォリアバフ時73万)
  • 他キャラの奥義上限:約380万
  • 他キャラの通常上限:約59万

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616112135p:plain

↑虚空杖の奥義、リリィ奥義、エウロペ2アビ、フォリア2アビバフがかかっている主人公のダメージ。奥義と通常攻撃共に上限ダメージが出ています。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616112401p:plain

↑虚空杖の奥義、リリィ奥義、エウロペ2アビのバフがかかっているエウロペ(パーティ内最低火力)のダメージ。奥義は上限が出ていますが、通常攻撃は7万ほど上限に届いていません。
どちらもエウロペ2アビバフがない状態では、3~4万ほどダメージが低くなります。

ウォーロック編成の利点

  • 主人公のブラックヘイズ(両面攻防25%ダウン、暗闇、毒)が強力で命中率が100%を超えている
  • 主人公のアビリティが2つ空いているのでディスペルやグラビティ、チェイサーなどを持てる

気になる点

  • フォリアのバフがかかっていないキャラは連撃率に若干不安があり、そこそこシングルアタックが出る
  • 連撃の出が悪いと奥義回転率が落ち、フォリアのバフが10ターン前後で切れることもある

 

ルナティックブルーム黒猫道士編成例

装備編成例

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616114818p:plain

  • ルナティックブルーム
  • 虚空杖
  • エウロペ杖2本
  • エウロペ琴2本
  • 永遠拒絶の杖
  • オメガ杖(連撃/奥義上限)
  • コスモスPC杖
  • 天司武器

英雄武器「ルナティックブルーム」を用いて、強力な全体バフである黒猫の1アビ「ブラックチャーム」を維持しながら戦う編成。

主人公がミゼラブルミストを使うのでコスモスPC杖必須。

召喚石はウォーロック編成と同じです。

ブラックチャームとは

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616115911p:plain

味方全体に

  • 攻撃30%UP(攻刃枠)
  • 防御80%UP
  • DA率60%UP
  • TA率10%UP
  • 弱体耐性UP

を付与するアビリティ。

主人公のMPが0にならない限り永続します。

MPを保ち続けるには実質的にルナティックブルームが必須なので、すなわちブラックチャームを運用するにはルナティックブルームが必須となる訳です。

ルナティックブルームは攻刃スキルを持ちませんが、ブラックチャームの強力なバフによって問題になりません。

キャラ編成例

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616120648p:plain

主人公黒猫道士にリリィ、エウロペ、フォリア。火力を意識するならこの3人かと思います。

主人公のミスト+リリィ2アビ+鰻召喚で敵の防御を下限まで下げます。

MPを保つために「ムーンライト」は基本必要です。

実際のダメージ


【グラブル】水マグナオメガ杖パ・ルナティックブルーム黒猫編成のダメージ紹介

  • 主人公の奥義上限:約410万+α(フォリアバフ時450万+α)
  • 主人公の通常上限:約65万(フォリアバフ時73万)
  • 他キャラの奥義上限:約380万
  • 他キャラの通常上限:約59万

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616121310p:plain

黒猫はMPに応じて奥義性能がUPするため、ほかのジョブより奥義上限は高くなります。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616123456p:plain

↑リリィ奥義、エウロペ2アビ、フォリア2アビバフがかかっている主人公のダメージ。奥義は500万を超え、通常攻撃も上限に届いています。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190616123646p:plain

↑最も火力の低いエウロペでは、奥義と通常攻撃ともに約5万ほど上限までは足りていません。

ルナティックブルーム黒猫編成の利点

  • 主人公の奥義火力が他ジョブよりも高い
  • 味方全体の連撃率を大きく補助できるため、シングルアタックはまず出ない
  • 効果量の高い全体防御UPにより被ダメージが大きく減少。フォリアのバリアと合わさりエウロペの2アビバフが消えにくい
  • 奥義の回転率が良いため、フォリアの2アビバフが長いターン維持しやすい

気になる点

  • 4~5ターン間隔でムーンライトを使用しなければならないため、アビポチの手間が少し増える
  • 主人公のアビリティの空きが1つしかない

水マグナオメガ杖編成は作る価値あり

今回紹介した『水マグナオメガ杖パ編成』は、終末武器が4凸の状態でリミ武器なしのマグナ編成としては十分ダメージを出せていると思います。

水マグナ編成の他の強力な編成としては「鰹剣豪」がありますが、奥義ダメージ上限も通常攻撃のダメージもオメガ杖編成の方が基本的に高く、またダメージカットや弱体回復といった防御面では明らかにオメガ杖編成の方が上手です。

杖得意キャラ限定というキャラ編成面でのハードルは若干高いとは言えますが、この条件をクリアできるのであればオメガ杖編成は間違いなく作成する価値はあり、総合的に見て強いと感じています。