グラブル攻略指南所

グラブル(グランブルーファンタジー)の実際のプレイに基づいた攻略法や役立つ情報を紹介しています。初心者向けの記事にも力を入れています。

【グラブル】闇古戦場EX+2000万1ターン編成を複数紹介【3ポチ0召喚~】

有利古戦場(11/14~)のEX+(HP2000万)を1ターンで討伐できる肉集め編成を複数パターン紹介&解説。

※以下の条件を共通の条件とします。

  • 闇炉あり(本番を想定/闇船はもともと存在なし)
  • リミ武器なしマグナ編成(ハデス編成はおまけで紹介)
  • 終末(ルシファー)武器は4凸
  • サリエルなし
  • 久遠の指輪なし

3ポチ0召喚

使用キャラ

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927133506p:plain

主人公クリュサオルに、最終シエテ、ルリア、ジャンヌダルク。※称号【十天衆を統べし者】必須。

※シエテは非最終と最終では、総ダメージに約80万ほどの差が生まれます。本記事では全て2100万以上のダメージが出ていますので、シエテは最終していなくとも2000万は達成できると思われます。

ジャンヌダルクの1アビは防御ダウン30%と非常に効果量が高く、『1ポチでダメージを増加させる』目的では最高峰のパフォーマンスを誇ります。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927125757p:plain

主人公のアビリティは「デュアルアーツ」と「アーセガル」。

いわゆる『黄龍クリュサオル』編成で、非ATでも開幕奥義を5チェインすることができます。

統べ称号がない時

称号「十天衆を統べし者」がない場合、【主人公が士気向上を使用+SSR水シャルロッテをサブに編成】とすることで、1ポチ増えますが同じダメージを出すことができます。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927142541p:plain

装備編成

武器

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927133540p:plain

  • メイン:麒麟剣
  • CW:4凸終末武器(チェンバ上限必須)
  • アバ杖×3本
  • 4凸ヘルマニビス
  • 麒麟弓
  • バハ剣
  • オメガ剣(渾身/奥義上限)
  • 天司武器

麒麟剣は奥義効果に「敵の闇属性防御15%ダウン」を持っており、奥義編成のメイン武器としての適性が高いです。

終末武器にチェンバ上限を付けた際の奥義追加効果は『味方全体の奥義ゲージ10%UP』になるため、CWとしてうってつけとなります。(闇と光の終末武器は刀&剣なのでCWとして装備可能。)

4凸ヘルマニビスは、火力を最低限確保しつつ奥義上限を15%UPさせることができます。

召喚石

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927130838p:plain

黄龍×セレスト・マグナ。(自石セレマグ×フレ黄龍でもOK)

サブは5凸デスに、攻撃ステータスの高いもの3つ。

この編成ではダメージに100万以上余裕があるため、デスは必ずしも5凸してある必要はありません。(SRだとぎりぎり届かないかもしれません。)

ダメージ・手順・注意点

ジャンヌ1⇒主人公デュアル+アーセガル⇒攻撃の3ポチ0召喚で約2150万。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927134050p:plain

今回紹介する編成では最も早いです。

※終末武器が5凸できている場合、ジャンヌ1アビが不要になり2ポチ0召喚で2000万出ると思われます。

 

3ポチ0召喚(ゾーイあり)

キャラ編成

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927135744p:plain

主人公クリュサオルに、最終シエテ、コルル、ゾーイ。※称号【十天衆を統べし者】必須。

コルルは背水状態だとすさまじい火力を誇り、ゾーイと組み合わせることで武器や召喚石のハードルが大きく下がります。

(コルルの強さについてはこちら↓で詳しく解説しています。)

www.grbrkouryakusinann.com

装備編成

武器

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927140015p:plain

  • メイン:麒麟剣
  • CW:4凸終末武器(チェンバ上限必須)
  • アバ杖×2本
  • 4凸セレ爪×3本
  • 麒麟弓
  • オメガ剣(渾身でなくてOK/奥義上限)
  • 天司武器

召喚石

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927140134p:plain

黄龍×セレスト・マグナ。(自石セレマグ×フレ黄龍でもOK)

ダメージにかなり余裕があるため、デスは不要です。

サブには手持ちで攻撃ステータスの高いものを詰め込んでおけばOK。

ダメージ・手順・注意点

ゾーイ2⇒主人公デュアル+アーセガル⇒攻撃の3ポチ0召喚で約2130万

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927140244p:plain

ゾーイの2アビの演出が長いため、先ほどの3ポチ0召喚よりはわずかに遅いです。

ただ、こちらの方が装備的には組みやすいので、どちらを取るかは好みですね。

 

3ポチ1召喚(シエテ&ゾーイなし)

統べ称号&最終シエテ&ゾーイ&デスなしの場合。

キャラ編成

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927145138p:plain

主人公クリュサオルに、ルリア、キャル、ルルーシュ。全員配布キャラです。

ルリアはアビ使用で自分の奥義ゲージを+30%することができるため、十天衆がいなくとも奥義チェインをさせることができます。

キャルはLBに奥義ダメージUP2つと上限UPを1つもっているため、開幕奥義編成の適性は高いです。

ルルーシュはそれほど適性が高い訳ではないため、手持ちでより火力の高いキャラにした方が良いです。

装備編成

武器

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927150033p:plain

  • メイン:麒麟剣
  • CW:4凸終末武器(チェンバ上限必須)
  • アバ杖×2本
  • 4凸セレ爪
  • 麒麟弓
  • オメガ剣(渾身でなくてOK/奥義上限)
  • バハ武器
  • ゼノディア刀
  • 天司武器

武器編成のハードルもかなり下げました。

召喚石

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927150233p:plain

黄龍×5凸バハ。(自石とフレ石が逆でもOK)

デスは不要。サブは手持ちで攻撃ステータスの高いものを詰め込んでおけばOK。

ダメージ・手順・注意点

ルリア2⇒主人公デュアル+アーセガル⇒バハ召喚⇒攻撃の3ポチ1召喚で約2040万。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927150419p:plain

※↑はルリア2でのクリティカルの影響を外すため、ルリアは2を使わず主人公がレイジⅢを使用しています。

 

おまけ(ハデス編成)

2ポチ0召喚

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927152922p:plain

シエテ、ルリア、コルル。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927152939p:plain

  • メイン:麒麟剣
  • CW:4凸終末武器(チェンバ上限/絶対否定の方でOK)
  • フォールン・ソード×3本
  • アバ杖×2本
  • 麒麟弓
  • ウン・ハイル
  • 天司武器

ウン・ハイルの代わりに3本目のアバ杖でもOKです。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927153206p:plain

ハデス×黄龍。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927153235p:plain

主人公デュアル+アーセガル⇒攻撃の2ポチ0召喚で約2130万ダメージ。

奥義なし

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927161532p:plain

主人公レスラーに、スカル、シス、ニーア、バザラガ。ニーアは必須で、他は格闘or斧得意のキャラです。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20191013201343p:plain

新ブレグラ武器「ツヴァイ・シェーデル」のおかげで、編成のハードルが下がりました。

手順

デス召喚⇒ツープラ⇒攻撃で約2100万ダメージ。(闇炉なし)

f:id:guraburukouryakusinannjo:20191013201532p:plain

デスでニーアを落とすことで、サポアビが発動。

f:id:guraburukouryakusinannjo:20190927162119p:plain

敵の防御が下限まで下がります。デスの召喚効果で全員TA確定にもなるので、安定して大きなダメージを与えられるようになります。

この編成は奥義チェインによる硬直がないため、おそらく周回の際の時間効率は最高です。

ただし、デス召喚時&ツープラ使用時の計2回リロードする必要があるため、操作が面倒です。

よって、労力は置いておいてとにかく1秒でも早く周回したい人向けとなります。

 

動画

ダメージなどを確認したい方はどうぞ。